映像プロダクションだからこそ出来るドローン空撮

ドローンは従来の空撮では不可能だった高度での撮影を可能にし、 低高度では、屋内での撮影にも使用することが可能です。しかし、思い描いた映像を撮影する為には、スタッフ間の円滑なコミュニケーション、映像制作に対する経験と理解が必要不可欠です。様々な映像制作の経験で培ったマルキンクリエイトだからできる技術とこだわりで、理想の映像の実現をお手伝い致します。

国土交通省の無人航空機による飛行許可を取得済み

マルキンクリエイトは国土交通省の無人航空機の飛行に係る許可・承認を取得しています。 承認を得ていることにより、通常は禁止されている下記の撮影も対応可能です。
【具体例】
人口密集地域(都市部、住宅街)での飛行、撮影が可能
イベント会場での上空飛行、撮影が可能(※イベント主催者からの許可は必要です)
夜間での飛行、撮影が可能

国土交通省の無人航空機による飛行許可を取得済み

マルキンクリエイトでは厳格なルールのもと、安全性を確保した撮影体制を構築しております。

・日中での飛行 ・目視の範囲内 ・距離の確保 ・催し場所での飛行禁止 ・危険物輸送の禁止 ・物件落下の帽子 など飛行マニュアルに準じて飛行させております。

ドローン機体紹介

DJI PHANTOM4 Pro

メーカー:DJI 機体重量:1380 g 対角寸法:350 mm 運用限界高度 (海抜):6000 m 《製品公式ページ》 https://www.dji.com/jp/phantom-4

ドローンによる空撮映像の一例

お問い合わせはこちら

「ドローン映像制作」に関するご相談はマルキンクリエイトへ!
お電話のお問い合わせ